TOP ≫ CATEGORY ≫ ■厚生年金と健康保険
CATEGORY ≫ ■厚生年金と健康保険
      

4月から6月は残業をしない方がいい?

この年までよく知らなかったというのを反省した方がいいかもしれませんが、厚生年金と健康保険の掛け金って「標準報酬月額」というものを元に計算されているんですね。

4月から6月までに受け取った報酬の平均で計算されます。

今まで、「変わるって言っても大した額じゃないでしょう?」なんて思って、よく見てもいなかったんですが、調べてみるとかなり額が変わってくるようで焦りました。

細かく明細を見ながら計算しないといけないんですが、難しい……。

気になるのは、残業をしすぎて、掛け金が多くなってるのでは?ということなんですが…。

4月から6月の3ヶ月間の残業時間を平均して(支払基礎日数が17日以上が対象)毎月その時間以上残業すれば、損ではないのかな……と、思って計算してみました。

ちなみに、翌月払いの場合は「3月分(支払は4月)、4月分(支払は5月)、5月分(支払は6月)の賃金が算定の対象となる。」という話です。
(こちらから引用http://www.sharosisikaku.com/kenpohou/kenpo1902.html

個人的には、4月~6月って残業が多いんです。毎年、ちょっと多く払ってしまっているかも……。今年はできれば気をつけようと思います。調整すれば、残業代を減らして休日をもらうとかできるかもしれませんし…(休めればですが)…。

損、と書きましたが、年金は掛け金に応じてもらえる金額も増えるようなので、損という考え方は少しおかしいかもしれません。

いくつか参考になりそうな記事があったので掲載させていただきます。

「4・5・6月に残業をすると、社会保険料が上がって損をするって本当ですか?」
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/qa/sonota/shakaihokenryo_zangyo.html

「残業で3万円アップ 保険料負担6万1千円アップ!」
http://allabout.co.jp/gm/gc/379773/

30代で知っておきたい「お金」の習慣30代で知っておきたい「お金」の習慣
(2011/05/20)
深田晶恵

商品詳細を見る


楽天銀行なら楽天スーパーポイントが貯まる
業界初!1,000円からの『投信ミニ積立サービス』楽天証券


にほんブログ村 | 節約・貯蓄の人気ブログ | ツイッター