TOP ≫ CATEGORY ≫ 外貨MMF/外貨預金
CATEGORY ≫ 外貨MMF/外貨預金

米ドルMMF解約しちゃいました。

そんな訳で米ドル建てMMF(ゴールドマン・サックス)260ドル分解約しちゃいました。

よりによって、ここ最近で一番の円高時に!?(笑)

まあ、そんな日もあるさ(笑)

購入時よりは円安なはず……(たぶん)

このブログの記録、書き忘れがあるみたいで過去の記録とちょっと違ってしまうんですが…。

合計260ドル(20,829円分)かな?

それを全部解約して、

25,171円? と、いまいち見方がわかってない(笑)←ひどい。

この差額分はプラスってことで理解しているんですが……。

まあ、細かいことは気にしない。(気にしろ)

あと、微妙にニッコウの米ドルMMFが10ドル残ってるんですが…。

前々から、MMFは為替の変動激しいので、ドキドキで早く解約したいなとも思っていたので、ちょうどよかったかもしれません。10ドルなら、そのままでもね。。。

テレビ番組の話ですみませんが…モヤさまが好きで毎週見ているんですが……
リンゴにチョコをつけた巨大なお菓子が9ドルちょっとだったなと、ふと思い出しました。
  間違った↑キャラメルでした(訂正)
あれが1個買えるくらいか…と理解してます(何の話だ)

>>業界初!1,000円からの『投信ミニ積立サービス』楽天証券
>>インターネットオークションをもっと手軽に快適に楽しむなら

にほんブログ村 | 節約・貯蓄の人気ブログ | ツイッター

外貨預金/外貨MMF/超初心者ですが危険性について考えてみました(1)

外貨預金や外貨MMFをしようと思った時に一番考えなければならないのが

為替変動の影響かなと思い、少し書いてみることにしました。

例えばなんですが、1ドル100円の時に円を米ドルに替えたとして、

110円になれば10%利益が出る。10万円分としたら11万円。

90円になれば、10%損をする。10万円が9万円に。

預金や債券では、どんなに高い利回りでも、10%って超えない。超えるとすればかなりギャンブル性の高いものかなと思います。

外貨預金でも、外貨MMFでも、利回りが10%超えることってほとんどないと思うので、個人的には利息などよりも為替の変動の影響の方が大きいという認識でした。

過去を見れば、2007年には1ドルが120円になってました。

細かい計算なしですが、わかりやすいように例えば当時外貨預金を10万円分預けていたとして、

10万円÷(1ドル)120円=833.3333333ドル分を預金したことになりますよね?
今は1ドル80円台前半なので、これを80円の時に円にしようとすると、
833.3333333ドル×(1ドル)80円=66666.66667円

1%の利子が付いたとしても、833.3333333ドルの1%は8.333333333ドル。×3年間で25ドルとしても、80円で円にしたら2000円。
2007年→2010年の3年で、10万円が7万円弱になっているということになります。本当に大雑把な計算ですが。

例えば10万円預けたとして、9万円になっただけでもとてもショックだろうなと思って、そうなる可能性がないわけではないと思って、今まで外貨預金などはしませんでした。

外貨預金の定期にしようと思っていたことがあったんですが、定期では決められた期間解約もできませんしね。

外貨MMFはすぐに換金できるので、ある程度円高になってしまったら、損を覚悟で解約してしまうか、もしくはまた120円(購入時)よりドルが高くなるのを待てばいいということなんですけどね。

逆に言えば、1ドル80円が100円になれば、10万円が12万5千円になるということ。計算あってますか(^^; これはちょっと嬉しい。いつになるか不明ですし、確実にそこまで戻るという保証はどこにもありませんが。

楽天証券のHPにも為替相場過去10年分が出ています。

前回書きましたが、超初心者ながらに、試しに楽天証券で、アメリカドルで20ドルMMFに投資してみました!

理由としては、80円台前半って凄い円高だなーと思って、何か投資してみようと思ったのです。
ドル円相場が一番身近だし、情報も入ってくるので、とりあえず米ドルにしてみました。
取引の方法とか試すくらいの感じで小額。

それと、これ以上に円高になるリスクを考えて、ドルコスト平均法ができるように、何度かに分けて買っていった方がいいかなという思いで。それにしても小額過ぎですが(笑)

ドルコスト平均法については、例えば1ドル100円の時に10ドル買ったら1000円、90円の時なら900円、80円の時なら800円。1000+900+800=2700円。
30ドル分を2700円で買ったことに。
もし100円の時に30ドル買ってしまったら、100円×30ドル=3000円ですね。
80円の時に30ドルが買えれば、2400円。同じ30ドルなのに、出した金額は、

2400円←80円の時
2700円←3回に分散
3000円←100円の時

円高になった時のリスクを考えて、ですね。
もちろん、買った時点から、円安になるようであれば最初に全部つぎこんでしまえばいいんですけどね。

ただこればっかりは解らない。なので、ドルコスト平均法がいいかなと思ったのです。

何も知らない、これから勉強しようという人のお手伝いになればいいかなというのと、自分の勉強のために書いてみました。人に読ませるように書こうと思うと、いろいろ調べたり計算したりしなくてはならないので、必然的によく考えるような気がします。
あくまでも参考までに。参考になったようでしたら下のランキング投票お願いします!
それでは続きはまた今度。…いつか(^^;

【楽天証券】★11/22 9:59まで!★今なら最大15,200ポイント


>>業界初!1,000円からの『投信ミニ積立サービス』楽天証券
>>インターネットオークションをもっと手軽に快適に楽しむなら

にほんブログ村 | 節約・貯蓄の人気ブログ | ツイッター